新しい住まい

入居するときは必ず新しい鍵を

昔は鍵穴をこそっといじって泥棒が自宅に侵入するのが漫画などでもお馴染の風景でしたが、今や鍵穴もハイテクの時代、ちょっとやそっといじっても絶対に開けられない仕組みになっているのです。 家を建てた方ならお分りのように、家を建設途中の玄関の鍵穴と、新居が完成した後の鍵穴は別のものになるのが当然ですし、その仕組みもとてもハイテクで、建設中と別の鍵を鍵穴に差し込んだ途端に他の鍵は受け付けなくなるという実に精巧な仕掛けになっているのです。 素人目には鍵穴の中で何が起こったのかさっぱり分かりませんが、理解不能なほどの技術力と防犯性に安心して、今日も快適に暮らしています。 一戸建てだけでなく、分譲用あるいは賃貸用のマンションに初めて入る際も同様で、必ず以前の住人のときとは異なる鍵穴になっているのです。

ハイテク防犯の専門家たち

そんなハイテクな住環境でカギを無くしたら大事で、カギ自体も簡単に複製できないようになっています。しかし、そこは慌てず騒がず、ハイテク防犯にはそれに対応した専門家たちがいるのですから。 そうした人たちはきちんとした資格を持って登録してカギや錠を作っているので、身元がきちんと分かっているので、防犯においても信頼がおけます。 自転車やロッカーのキーのように簡単に複製できない分、時間がかかるかもしれませんが、プロにお任せしていればカギを無くしたり破損したりしても大丈夫。 またそうした人たちはドアや窓の錠の防犯対策にも詳しいので、さらに防犯性を高めたければ、それにふさわしい難攻不落な開かずの玄関を作るのに協力してくれると思います。